コラム|佐藤政樹 劇団四季元主演 オフィシャルHP

夢と感動を届ける人材育成トレーナー 佐藤政樹
HOME > コラム > 組織のチームワークを良くするために今すぐできること

組織のチームワークを良くするために今すぐできること

LINEで送る
Pocket

モチベーションの維持方法

■花形だけが評価されるのではない

仕事の中には、花形と言われる仕事があります。 例えば、会社であったら、トップ営業マンであったり、 私がいた劇団四季という舞台の世界では、主役です。こうしたスポットライトを当たる人たちが世の中でとりわけ評価されやすいということがあります。

 
しかし、一方でそのスポットライトに照明を当てる存在の人がいるのを忘れてはなりません。

 
会社であったり、総務だったり経理だったり、秘書であったりバックオフィスと言われる人のことでしょう。舞台であったら、その他大勢役の俳優さんや、照明さんや音響さんであったりします。

 
こうした人たちのチームによって、会社や組織は成り立ち商品は顧客に届けられています。

 
ですから、私たちは良いチームを作ろうとした時に、こうしたスポットライトを浴びる人、 そして、ライトを当ててくれる人の両方が支え合うことがとても大切なことです。

 
芸術でもビジネスでも、若くして、スポットライトを浴びたりすると 勘違いして、天狗になったりする人もいます。 そういう人は、プレイヤーとしてやっている時は重宝されたりしますが、 管理職や教える側になった時に、苦労している人は多いものです。

 
しかし、本当のプロのプロになっている人は、違うのです。

■舞台の世界から学べるチームワーク

劇団四季時代、皆から尊敬される主役の大先輩がおりました。「この人のために手を抜くなんて考えられない!」こう全員に思わせてしまうような人間力のある先輩でした。

 
その主役の先輩は、ステージで自分を観客に素晴らしく演出してくれる衣裳担当さん、照明担当さんなど舞台スタッフさんに感謝の言葉をいつも伝えていました。

 
私が新人の頃、その主役の方のお手伝いをしようとしたところ、「ありがとう。自分のことは自分でやるから大丈夫だよ。佐藤くんのやることに集中してね」と温かい言葉をかけて頂きとても嬉しかったことを今でも覚えております。

 
 
他にも、世界的なスター俳優さんで、こんな逸話もあります。

 
ジーン・ケリーという俳優さんをご存知ですか?「雨に唄えば」の主演をされた方です。彼は、芸能生活50周年祝賀会が盛大に行われた時、締めの挨拶でこんなことを言いました。

 
「私が今あるのは、スタッフの皆さんのおかげだ。彼らは私を素晴らしく見せるためにプロの仕事を常にしてくれた。照明係は、私をどうしたら美しく照らせるか考えてくれた。衣装係も、小道具係も大道具係も同じ。私を素晴らしく写すために影で仕事をしてくれた。彼らに心から感謝を述べたい」

 
このように、舞台の世界では舞台上にいないスタッフさんも主役もみんなでチーム一つになって作品をつくりあげていくのです。

■チーム一人一人の心と心をつなぐためには

私は、法人研修でチームワークの話をする機会が多々有ります。

 
感動を作り出すサービスや商品を届けるためには、 それを提供する側のチームワークはかかせません。 だからこそ、営業のようにスポットライトを浴びる役割の方と 経理や総務のようにライトを当てる役割の方がいます。

 
こうした方がお互いを感謝し、お互いを尊重できるような 取り組みをしていくことが大切です。

 
私が所属するウィルフォワードという会社では、 働くメンバーのお互いに感謝できる仕組みで 「心の花束」という取り組みをしています。

・相手の良いところ
・感謝しているところ

 
を毎月、紙に書き出して、それを自分の事業とは関係が浅いメンバーに直接渡したりしています。

 
始め私がやった時はとても恥ずかしかったのですが、 実際に自分がもらうと本当に嬉しいのです。 新人や経理をやってくれる若い子にも私はこれを書きます。 そうすると「佐藤さんから褒められた」「こんなことを見てくれていた」と とても喜んでくれます。 この心と心のつながりが組織には欠かせないのです!

モチベーションの維持方法

仲間の心のメッセージをノートに貼ってつながりを確認

 
また、私が研修で伺っている 香川県に本社のあるスワニーという手袋とキャリーバックを世界展開するメーカーさんでは、 「ありがとうカード」という文化があり、 役職や立場に関係なく、よい取り組みをしている社員さんに感謝をのべる仕組みを取り入れています。 

 
このスワニーさんは、こうした感謝の文化を取り入れることで、「四国で一番大切にしたい会社大賞」をとられています。こうした取り組みによって、 チームの中に、温かい血が流れることによって 本当に組織力を発揮されていくのです。

モチベーションの維持方法

スワニー社の感謝を伝える文化「ありがとうカード」

モチベーションの維持方法

ありがとう、を伝えて働く仲間同士に相互信頼が生まれているスワニー社

■ビジョンや理念と同じくらい大切なこと

よく、ビジョンを掲げて、その目標達成のために働く会社は多くありますが、 相互尊敬・相互信頼をつくりだしてそこを目指す組織は多くはありません。

 
ですから、花形だからではなく、 お互いを尊敬する文化作りはとても大切です。

 
私が普段から実践している心の花束という実習は 私の研修でもやっていますので、興味のある方は、ぜひお声がけくださいね。 きっとよい組織文化がつくるきっかけとなると思いますよ。

企業での講演・研修のご相談はコチラ

LINEで送る
Pocket

この記事が面白かった方は私の無料小冊子を読んでみて下さい!!
「人前で話す直前に見る究極のバイブル」
 
・なぜ、人は感動するのか?その表現の本質
・人前で話す人は必見の伝達力を高める5つの原則
・うまく話せなくても伝わるのはなぜか?

など人前で話すビジネスパーソンに役立つ情報満載です。
無料ですので、ぜひダウンロードしてくださいね!!

ダウンロードはこちらのHPで(スマホ対応です)
→ http://satomasaki.com/present/

無料小冊子

SNSでも発信してます

【佐藤政樹の経営者・起業家・人前で話すリーダー向けセミナー開催中】
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
感動を創造する言葉の伝え方講座


 
テーマ: チームビルディング, リーダーシップ タグ: , ,

関連する記事

カテゴリー「チームビルディング | リーダーシップ」の記事

カテゴリー「講演・研修のお客様の声」の記事