体験会・感動を創造する言葉の伝え方

経営者向けプレゼンテーション研修

こんにちは、感動創造トレーナーの佐藤政樹です。私は、劇団四季で10年間、表現によって人を感動させる技術を磨いてきました。その後、飛び込み営業を経験、そこでも成果を残し、現在は、感動を創造するトレーナーとして全国で講演や、人前で話す経営者向けのトレーニングを行っています。

私は、普段から経営者の方とお話する機会が多いのですが、経営者の皆様は、営業、採用、教育、社外での講演など、大勢の前で「伝える」という機会というのは非常に多くあります。

少人数の個別面会ではしっかりと想いやビジョンを伝えることができても、大勢の前になると途端に「伝えること」が苦手になる方は多いようです。

また、こうした大勢で話す機会は、社員の士気を高揚したり、売上に対する動機付けをしたり、重要な営業プレゼンテーションだったり、投資家の前でのプレゼンだったり、優秀な社員の採用に直結していることなど、その多くがとても重要な局面です。こんなに重要でありながら、こうした経営者やリーダーが「伝える力や伝わる力」を学ぶ機会はそれほど多くないようです。

先日は、ある上場企業の経営者のプレゼンテーション指導をさせていただきました。創業経営者の方で、とても人間的な魅力のある方でした。

その方は、少人数では想いを伝えるのは得意ですが、大勢の前では緊張して思っていることが伝えられないという悩みを持っていらっしゃいました。


三日後には新体制になるため、800人の前で方針を伝えなければいけないという結構重要な局面でした。 そこで私が直前トレーニングをさせていただき、「伝わる」の真髄をお伝えさせていただきました。

その結果、どうなったでしょうか?

社長は、少人数の時のように緊張せず、熱い想いを淡々と述べることができ、決起会は大成功。メッセージから感動が生まれたのでした。

今まで、熱い想いがあっても、なかなかうまく表現できなったそうですが、私がお伝えさせていただいたことを参考にしていただき、ありのままで、飾らずに、登壇し、社員の心を掴むことができたそうです。

このように、普段から会社の理念経営やビジョンをより浸透させたいと思われていながらも、なかなか上手く伝えられないとお悩みの方は「伝わる表現の技術」を身につけることは、大きな成果をつくり出すことが可能になってくるでしょう。

経営者向けプレゼンテーション研修

私が育ってきた劇団四季では、伝わる力はセンスではなく「方法論が存在する」と教わってきました。私自身が、その方法論によって劇的に表現力が高まりました。また、大根役者のような子が爆発的に変化してしまうことを何度も見てみました。

劇団四季は「言葉を商品として届ける仕事」のため、その言葉に対する明確な定義や見える化をし「伝わる」とは何か、感動するとは何かを徹底的に教育していました。しかし「言葉を商品として届ける仕事」というのは、何も舞台俳優だけではなく、経営者やビジネスパーソンも同じではないでしょうか?

私が劇団四季を退団後、営業の経験や人材育成の経験をする中で、やはり舞台もビジネスも「伝わる本質」は同じだと思い、ビジネスパーソン向けの伝達力向上プログラムを開発してきました。

経営者向けプレゼンテーション研修

このように伝達力を見える化することで、人前で話すのが苦手な方、大勢の前で話す機会の多い経営者の方や、これから事業を大きくしていこうと考えるベンチャー起業家の方にも役に立てるのではないかと思います。

そして、一番大切なことは、「自分の言葉」で社員や周囲が響く言葉を伝えることができるようになるのです

改めて、お伝えさせていただきたいのは、「人を惹きつける伝達力には明確なメソッド=方法論」が存在するのです。

ただしスキルなので正しいトレーニングを継続的に行わなければ身に付きません。

よく「ボイストレーニングをすればいいんですね」や「発声練習をやったことがあります」とか、「完璧な話の筋があればいいですよね」という方がいます。もちろん、一つ一つのスキルは大切ですが、それだけでは足りないんです。伝わるための本質的な考え方から、ベースを作った上で学ぶ必要があります。

私が本当に伝わるプレゼンの理想は「あなたがあなたらしく、自然体で、演じずに腑に落ちたメッセージができる」というのが重要です。

「そう、演じない。」

劇団四季にいた私がいうのは意外かもしれませんが、実はここに伝わる真髄がある
のです。

経営者向けプレゼンテーション研修

そして、さらに大切な事は、ただ伝えるだけでなく

「人を感動させるかレベルかどうかなのです。」

頭ではなく、感情でもなく、相手の魂に訴えかけるコミュニケーションのレベルがあるのです。

 皆さんも、結婚式で花嫁のお父さんへの手紙に感動した経験はありませんか?
あの手紙を読んでいるときは、花嫁は感動させてやろうと思っていないはずです。
では、なぜ感動するのでしょうか?
それは、等身大で自然体で、本当の感謝を伝えているからです。あのような自然体の感動を再現することはできるのです。

うまくしゃべったからと言って、相手の心が動くのではありません。

テクニックを駆使しても、感動は生まれないのです。しかし、感動させるレベルで伝えなくては、人は動きません。 「伝わる」というのは、 発している言葉に実感が伴った時に相手の心に響いてくるものです。

経営者向けプレゼンテーション研修

ただ単に「うまい話」をするのではなく、「相手が心から感動し、この人について行きたい!」と言ってもらえる伝え方・表現方法が身につけば、

  • 理念浸透やビジョンがより伝わるようになります。
  • 目的や真意が伝わり組織の営業力が高まります。
  • 社長の伝達力アップで、採用力が圧倒的に高まります。
  • 「感動した、応援したい」と言われ、口コミが広がります。
  • 社員のモチベーションアップが可能になります。
  • 緊張せずに、堂々と話すことができるようになります。
  • 外部のパートナーからの信頼がアップします。

経営者の仕事は、目に見えない戦略やビジョンを言葉にする仕事です。
「この人について行きたい」という最終的なポイントが「言語によりイメージされられるか」「想いが心に伝わるか」というポイントです。「相手が心から感動し、あなたと一緒に仕事したい!」と思えるような伝え方・表現方法を身につけることができれば、大きな影響力を発揮することができるようになります。

この伝わる差を感覚ではなく、論理的に理解することが大切です。

経営者向けプレゼンテーション研修

「コミュニケーション学の専門家でさえ、目から鱗の内容です」

明治大学法学部教授 言語学者 堀田秀吾氏

経営者向けプレゼンテーション研修
佐藤さんのメッセージは私のようにコミュニケーション学を専門とする人間でさえ、目から鱗が落ちるような新しい発見がありました。
私も佐藤さんの講義を受講し、仕事やパブリックスピーチ、人とのコミュニケーションの中で深い意識の部分が大きく変わり、目の前に広がる日常の景色自体が変わってしまった感覚です。
研修講師の中には、単にやり方や理論だけを語り、受講者にやらせてみるような人が多い中、佐藤さんは常にご本人が見本を見せながらお話をしてくださいます。佐藤さんの「表現」は、受講者の心、感情、魂に直接訴えかけてくるために、本当に「伝わる」ということがどういうことなのか、圧倒的な説得力を持って、実感できます。
先日も私のゼミで大学生向けにお話をしていただきました。佐藤さんのお話は、学生にも伝わり、その後、腹(丹田)から伝えるというメッセージが響き、丹田と書いたオリジナルTシャツまで作ってしまうほど盛り上がりました。
佐藤さんの素晴らしいテクニックと人柄に直接ふれて、心の奥が響くこの感覚を肌で感じてみてください。

経営者向けプレゼンテーション研修

「理念経営を行う上で、経営者の伝達力向上は絶対必要です。」

株式会社スワニー 代表取締役社長 板野司氏

経営者向けプレゼンテーション研修
スワニーは今年で創業79年目を迎える香川県にある手袋とバッグを製造・販売するグローバル・メーカーです。私は三代目の社長として経営を引き継ぎました。私が代表になってから、今まで以上に理念の浸透や善き組織作りに力を入れてきました。お陰さまで、2013年には『四国で一番大切にしたい会社大賞』を受賞しました。その中で、私は、社長業において「伝達力」の向上が最も大切なスキルだと思い、様々なセミナーで勉強しました。
 なぜならば、経営者として理念や方針をわかりやすく、社員に伝えられるというのは理念経営を実践する上で、もっとも大切で、企業の生命線だと思っていたからです。
 その中で、佐藤さんに出会い、すぐに受講を決めました。一発で、本物だと思いました。私が受講したプレゼン研修の中でも、トップクラスでしょう。「実感して語る」や「腹落ちした」プレゼンなど、まさに、経営理念や方針を社員にわかりやすく伝えるためには絶対的に必要なことだと思いましたね。
 社長にとって「伝わる力」を伸ばすことは、最重要課題だと思いますし、意識的な部分から、無意識の部分や呼吸法をつかった具体的なトレーニング方法も素晴らしかったですね。
 お陰さまで、わたしも受講した後から、丹田を意識して「より自分の言葉で実感して語れる」ようになったと思いますね。そのお陰か、私が地元の香川大学の授業で講演する機会がありましたが、新卒採用の時もそれを聞いた学生さんが覚えていてくれて、わざわざエントリーし、選考に進んでくれました。「人が魅力の会社だと思った」と言われた時は、嬉しかったですね。まさに伝わりましたね。

 この佐藤さんの「感動を創造する言葉の伝え方・マスターコース」は、とてもよかったので、今度は佐藤さんを企業研修講師としてお呼びする予定です。今度は、社員全体の伝達力を上げることで、営業力のアップ、採用力のアップなどに直結すると思っています。
理念やビジョンを多くの人に伝え、人を動かしていきたいと思っている経営者、リーダーの方にオススメいたします。

「伝わり方の真髄を学んだら、社員の反応が変わった。」

福島建機株式会社 代表取締役社長 加瀬元三郎氏

私は、父が創業した会社を二代目として引き継ぎました。裸一貫から立ち上げた創業経営者である父の影響力は強く、社長に就任した当初は、父に着いてきた幹部や社員とのコミュニケーションに大変苦労しましたね。多くの研修にも参加し、理念やビジョンなどを明確にしたり、チームワークの社内研修なども積極的に取り入れ、会社が一枚岩にできるように様々な取り組みをしてきました。
 そんな中で、佐藤さんの講座を紹介されて参加しました。もともと経営者として社内外で話す機会が多くあり、話すこと自体は得意だと思っていました。
 しかし、佐藤さんの講座では「伝える」と「伝わる」の本質的な違いを学び、自分には「伝わる」という視点が少なかったことに気づきました。
 どうしても、一方的に話してしまっていた自分を発見することができましたね。ですから、受講後は会社の会議でたくさんしゃべりたい想いを抑え、「削ぎ落とす」を意識してシンプルに伝えるようになりました。
 今までは、自分自身が社長として見られているから、社員の前では「良いことを言おう」「うまく伝えよう」と無意識的になってしまった気がします。佐藤さんの研修の中では、カッコつけない、ありのまま、うまく伝えようとしないほうが伝わると教わり、自然体が一番大切だということを学びました。
 自然体の自分で「実感して語れる」ような話題を選んだり、意識するにしたところ、社内アンケートでも社長の話がわかりやすくなったという声がでるなど、変化が表れました。
 佐藤さんの研修がとても素晴らしかったので、私の地元の銀行さんの研修にも推薦させていただき、お呼びさせていただきました。周りの経営者も「感動を創造する言葉の伝え方」に甚く関心していました。
 是非、経営者の方、特に私のような2代目や3代目の方は「自分の言葉で語る」ということは大変重要ですので、オススメいたします。

「元トップ営業マンでしたが、大勢の前で話すのは苦手でした。」

株式会社アクティビスタ 代表取締役社長 河合克仁 氏

受講者の声
私は20代、人材教育会社に所属し営業を経験しました。そこで、20万円する経営者セミナーを毎週5件を50週連続で販売し、会社設立以来の伝説の営業マンとして表彰などをされました。私の営業スタイルは、所謂「売り込む型」ではなく、お客様に徹底的に尽くして、紹介をいただく「紹介型」で自分の力ではなく、お客様が力を貸していただけるスタイルで成果を作ってきました。
 現在は、独立し、上場企業の経営者が集まる勉強会の主催や、教育コンサルティングなどを行っています。経営者とお付き合いがありますので、研修や講演の依頼もいただきますが、人前で話をすることがとても多くありました。
 しかしながら、営業マンとして、1対1のコミュニケーションに自信はありましたが、どうしても1対多数になりますと、もちろんしっかりとできるのですが、自分の中に「うまく出来ていないんじゃないか」という苦手意識がありました。
 そんな時に、佐藤さんの「感動を創造する言葉の伝え方・マスターコース」に受講させていただきました。そこで私は「人前で話す」という点において、大きな自信を得ることができたと思います。
 まず、「うまく話そうとしない」というのは、大きな気づきでした。人が感動するのは、自然体であり、実感の篭った言葉が人を動かすのだと学びました。確かに、私が営業マン時代に、年上の経営者の方に可愛がられ、紹介をたくさんいただけたのは、まさに「実感して語る」をやっていたからに他ならないと気づきました。だから、こそ、大勢の前でも何も自分を繕ったり、うまくやろうと言う意識をしなくては良いのだと思うようになりました。
 佐藤さんのトレーニングもとても勉強になることがたくさんありました。感情的になったり、勢いで喋るということもなく、しっかりと自然体になるように、削いで削いで削ぎまくっていくんですね。私のお客様の中で見、創業経営者やアッパーな方が多いので、上っ面な表現や話はすべて見破られてしまいます。だからこそ、この削いで削いで実感するというのは、ものすごい大切だと思いました。そのほうが、品性ががあるように見えますね。
 こうしたトレーニングは、すぐに変化となって表れました。すぐ次の週に、上場企業さんでの講演がありましたが、ここでは大変満足という声をいただきましたし、自分自身も心が落ち着いて、しっかりとパフォーマンスが出た感じがしました。
 私のように、まだ若い起業家やベンチャーを起こされた方は、とかく勢いになりがちですが、是非佐藤さんの講座を学んでみてください。地に足をつけた自分の言葉で語れるようになると思いますよ。

「ビジネスコンテスト・新分野進出部門で優勝しました。」

元日本代表・女子マラソン選手 加納由理 氏

加納由理
私は大学を卒業後、実業団(資生堂)に入りマラソン選手として人生を歩み、2009年には日本代表としてベルリン国際大会を走り7位するなど、国内外で競技をし、2014年に現役を引退しました。その後も「走ること」に関わりたいと思い、マラソン大会のゲストランナーや、スポーツイベントに参加するなど、スポーツタレントとして活動していました。
 しかしながら、人前で喋る機会があるものの、現役時代から喋ることがとても苦手だったのです。さらに2015年の末に新潟県十日町市で行われるビジネスコンテストに出場することになり、なんとか人前での表現力を高めたいと思い、佐藤さんのプロフェッショナルパフォーマンスコースに参加。さらに個別コンサルティングをしていただきました。
 初めにやったのは、話し方もそうですが呼吸のトレーニングでした。声というのは、喉で出すものだと思っていましたが、腹底から出すというのを初めて知りました。また、声だけでなく表現の基礎を徹底的に教えていただきました。特に印象的だったのが「変に見せようとしなくていいんだよ。やろうとしなくていい、ありのままでいい。加納さんはプレゼンの癖がないから、伸びるよ。」と励ましていただき、やる気を保つことができました。
 その結果、ビジネスコンテストは見事、新分野進出部で優勝することができました。終わったあと、市長からは「加納さんの思いが伝わってきました。」というコメントをいただくことができました。その後、女子大学駅伝の中継などをした際は、テレビ局の方からも声が良いねと褒めていただきました。
 まだまだ陸上業界の諸先輩に比べれば話すのは得意ではないのですが、前に比べて人前で話すことの苦手意識が薄れてきていると思います。声や表情や伝わり方も周りから評価いただくようになりましたが、一番は私の意識が変わってきたという感じだと思います。
  佐藤さんの研修がとても素晴らしかったので、やはりテクニックなどではなく、考え方から手法までが一貫しているところが非常に役にたつと思います。意識が変わったので、緊張も前ほどせず、自分らしさを出した結果がビジネスコンテストの優勝につながったのではないかと思います。人前で話をする方、表現をする方には絶対にオススメです。

明治大学理工学部卒後、23歳のフリーターから『劇団四季』と『気象予報士』ダブル合格を決意しチャレンジする。無謀と言われながらも5年後の28歳でダブル合格を果たす。
 劇団四季では『ライオンキング』『ハムレット』等への出演を経て、入団8年目、『人間になりたがった猫』で主役のライオネル役を務める。その際に世界のトップクラスの演出家、脚本家、俳優から「伝わる」ための技術を直接学ぶ。
 その後、退団し教育家になることを志し、講演会を全国で開催するも、講演活動だけでは食べていけず、飛び込みの営業職を経験する。始めは鳴かず飛ばずであったが「トップクラスの伝わる技術」を活用することで、500名近くいる社員のなかで「多大なる貢献をした社員・2位」を獲得し退職。「伝達の技術」が舞台でなく、ビジネスでも活用できることを証明し、この経験を活かした講座「感動を創造する言葉の伝え方」が口コミで全国に拡がり経営者やセミナー講師、講演家など人前で話すプロに好評を博す。2016年3月にはTEDx Meiji Universityに出場。現在は、企業研修や講演活動で全国を飛び回っている。

ゆうちょ銀行、東邦銀行、常陽銀行、四国銀行、大分銀行、福岡銀行、埼玉縣信用金庫、日本テレビ放送網、産経新聞社、、アフラック、明治安田生命、マニュライフ生命、三井住友海上あいおい生命、富国生命、共栄火災保険、富士通、小糸製作所、テイ・エステック、東武鉄道、RIZAP、JA共済ふくしま、JA全農ぐんま、JA愛知、JA全農岐阜、COOP共済、COOP北海道、東京ガスエネルギー、日本ガス協会、リコージャパン、東芝テック、リコージャパン、ダスキン、カンドゥージャパン、WOWOWコミュニケーションズ、ルミネ、日本イーライリリー、鳥居薬品、合同会計事務所、三菱電機ビジネスシステム、スワニー、イオンモール、エキスポシティ、湘南美容外科クリニック、東京美容外科クリニック、アステラス製薬労働組合、NTT労働組合、明治安田生命労働組合、キヤノンプレシジョン労働組合、ニコン労働組合、東亜建設工業労働組合、横河電機労働組合、三井住友海上労働組合、富士通労働組合、篠ノ井総合病院、富士市役所、アトリエヨシノ、大久保恒産、京都むらさきの、QCサークル北部九州地区、QCサークル茨城地区、東京商工会議所、宇都宮商工会議所 など

私は劇団四季で主役を務め、長年舞台の世界で相手に伝わるための表現技術を磨いてきました。

その経験をもとに、経営者やリーダー、人前で話す方や、商品・サービスが自分の魅力と直結している方たちに向けた「伝わる技術」をトレーニングすることを専門としています。ひとえに「伝わる」といっても私は下記のような3つの要素が必要だと思っています。

1つ目は、真ん中にある「表現力」です。「話す力」といってもいいかもしれません。私は舞台俳優として自分の「言葉」でお金をもらう世界で生きてきました。どうしたら、伝わるための「表現する力」を高められるのかを、劇団四季、営業、人材教育で学んだ様々なノウハウからオリジナルのプログラムを開発しました。

そして2つ目は「構成力」です。これは舞台でいう脚本、ビジネスでいう話の筋道や論理性ともいいます。話を聴く人や、大勢の聴衆を集めていくためにも構成や企画の型をしっかりと学んでいただきたいと思います。特に経営者であれば、自分や会社の理念やビジョンをどのように届けていくのかというのも参考になると思います。

最後、3つ目は「信頼関係」です。どんなに表現や内容が上手くても、信頼関係のない人の話を聞くことはありません。自分自身の普段の言動や振る舞い、そして相互コミュニケーションを高めていく必要があります。様々なワークなどを通して、これらの気づきを与え、メンバーや部下との信頼関係を構築する方法にも触れていきます。

こうした「伝わる力」を見えるかして、高めていくことは、必ず仕事の成果にも直結してくると信じています。

私のメソッドは、いままでのプレゼン研修、話し方教室とはまったく違います。
「伝わるは感覚ではなく、再現性があるのです。そして、伝わった先にあるのは感動です。「私は、再現性のある感動の技術を15年間学んできました。毎年300万人以上を集客し、60年間に裏付けらされた表現の真髄をお伝えしています。
それを、営業活動、講師活動を通して、舞台の世界ではなく、ビジネスの世界で活用できるメカニズムとして開発しました。是非触れていただきたいと思います。

経営者向けプレゼンテーション研修

「伝わる力」は、どれだけ理論的にしっかりとしていても、実践し体得できなければ意味がありません。
ですから、それを体得可能できるような学習プログラムを開発しました。

経営者向けプレゼンテーション研修

トップクラスの伝達力を身につける 感動を創造する言葉の伝え方・マスターコース

劇団四季での主役、そして営業での経験、人材育成コンサルタントの経験を踏まえて、「伝わる技術」「感動をつくる表現の技法」を体得できるプログラムを作成しました。 佐藤が学んだこの「伝わる技術」はすぐに身につけることができません。日々の生活の中で意識しながら、継続して学ぶことによって、体得が可能です。そして、本講座の特徴は、「感動を創造する言葉の伝え方」を考え方・知識・技術を身体に落としこむというものです。

また、伝えるための「表現力」「構成力」「信頼を獲得するコミュニケーション能力」などを通して、人を引けつけるプレゼン、自分の価値や思いを伝えるスピーチなど意図して発信することができるようになっていきます。


経営者向けプレゼン研修

経営者向けプレゼン研修

プログラム内容①:「伝わる基礎」を体得する3ヶ月の研修プログラム

    導入研修2日間の内容
  • • 劇団四季で徹底的に教え込まれた「表現の型」をつくる
  •  →感動がなぜ高い満足度をつくるのか?
     →言葉の意識と感動するポイント
     →伝達力を高める5つの原則
     →言葉を体に落とす丹田呼吸トレーニング
     →影響力と存在感を高めるため緊張克服法
     →相手の心に響くプレゼンテーションの意識と極意
     →自分の価値観とビジョンを語る
     →理念プレゼンテーションの極意

      1ヶ月目研修の内容
    • 価値観とビジョンで人を巻き込む
    •   →自分自身のあり方を通して伝えることの重要性
        →メッセージを聞いてもらうためには、ターゲットの絞り方
       →圧倒的に響く、志のプレゼンテーション。
       →自分の大切にする価値観と未来像を明確にして行く
       →自分の志を磨く。ビジョンを研ぎ澄ませる。

      2 ヶ月目研修の内容
    • 相手を知り伝わる精度を高め方
    •   聴衆が何を求めているか(願望)を明確にする
       →一方的なコミュニケーションと双方向のコミュニケーションの違い
       →相手の心を掴む内容構成の作り方
       →信頼関係の気づき方。信頼しない人の話は聞かない。
       →話す流れをつくるTGA

      3 ヶ月目研修の内容
    • 3ヶ月の振り返りと覚悟を決める
    •   →3ヶ月の学びの振り返り
       →相手の興味をひく自己紹介
       →人脈を広げ、影響力を高める他己紹介の秘訣
       →自分自身の目標や理念を自分の言葉で語る。

    プログラム内容②:100日フォロー動画で家でも学べます

    経営者向けプレゼン研修
    2日間の集中講座が終わってから、100日間・毎日フォロー動画をメールでお送りしています。 講座で学んだことが記憶から忘れる事のないように、現場で学びつづけるためのツールを開発しました。

    プログラム内容③:徹底的に習得にこだわった再受講制度

    • 技術を修得するためには、1回の講座だけでは身に付けることができません。そのため、再受講制度をとっています。 一度受けた導入研修のみ格安の価格(32,100円)で再受講することができます。

    プログラム内容④:期間中の個別相談が何回でも可能

    3ヶ月のプログラム中は、伝え方やプレゼン、わからないことなど、佐藤政樹に直接相談いただくことができます。面会および、スカイプ、メール、電話などで相談が可能です。

  • 劇団四季はなぜ、感動をつくりだすことができるのか?
  • 感動が生まれるメカニズム
  • 伝わるための3つの違い。「頭、胸、腹」の意識
  • 相手が動くためには「腹落ちした表現」を学ぶべき
  • 圧倒的な存在感を生み出し、緊張をコントロールする技術
  • 経営者や営業・採用でリーダーシップを発揮するためには。
  • 人を感動させる人に共通する構成の作り方

日時 ●2017年7月22日(土) 18:00〜20:30
●90分の個別コンサルティング(佐藤と1対1の面会型コンサル)
場所 ■場所:東京目黒区下目黒4-15-13 ウィルフォワードオフィス
人数定員:5名
講師佐藤政樹
参加費10,000円(税込)