コラム|佐藤政樹 劇団四季元主演 オフィシャルHP

夢と感動を届ける人材育成トレーナー 佐藤政樹
HOME > コラム > 劇団四季に学ぶ。生き残る人と去っていく人の僅かな違い

劇団四季に学ぶ。生き残る人と去っていく人の僅かな違い

LINEで送る
Pocket

■完全実力主義の世界で生き残る人の特徴とは?

 
 完全実力主義のプロの世界では雇用形態は会社員の方とは大きく違います。怪我や病気をしたらお終いで、保証も安定も全くない一人ひとりが個人事業主です。生き残りが非常に激しいことは想像ができる方が多いかもしれません。

 
私は、その商業演劇という一際変わった世界に長らく身を置いてきました。やりたい人も替わりも沢山いて、人の入れ替わりが非常に激しい現場です。その現場を通して知り得た「プロとして生き残こる人と去っていく人」の違いをまとめてみたいと思います。

■実力主義の世界で生き残る人の特徴とは?

 私が、新人中の新人だったころに印象的だった出来事があります。私は23才を過ぎてから、クラシックバレエの勉強を始めました。大人から始めたため、入門クラスからのスタートです。私は劇団四季でバレエを教えている一流の指導者の下で、ストレッチのクラスを受講することになりました。

 
私は、そのレッスンが初心者ばかりのコースだと思っていました。しかし、驚いたことにその入門ストレッチクラスには、私が観に行った劇団四季のベテランの俳優さんも、レッスンを受けに来ていたのです。忙しい舞台の本番中の合間をぬって入門クラスを受けに来るというその行動も理解できませんでした。

 
しかし、今となってはそれがよくわかります。私が受けていた入門クラスは、ただのストレッチクラスではなく礎を築くための要素がふんだんに組み込まれているメソッドだったのです。

 
そこで、私は大きな気づきを得ました。プロとして生き残る人の共通点は、「仕事の土台を常に固め続ける」という意識を持っています。

 
どんなにキャリアを積んでもベテランになっても常に足元を固めているのです。

佐藤政樹の研修の様子

■大切なことはつねに基礎の中にある。

 本当のプロは常に、基礎を磨きながら自分の成長を続けていきます。1年で去る人は、その土台を疎かにする人、意識の低い人です。土台が出来ていないと伸びる可能性も出てきません。

 
新入社員が5年後10年後に伸びるか否かは、土台を落とし込んでいるか。そして、磨き続ける事の大切さを知っているか知らないかにもその一因があるのです。

■あなたがプロとして成功し続けるためには?

 こうした経験を元に、私は研修で基礎の重要性をお伝えしています。いま、新入社員であれば、基礎を徹底してください。また、中堅の方であれば、改めて今の仕事の基礎を見直してみることが大切です。

 
「あなたの仕事の基礎はなんですか?」

 
と問いわれて、出てきたものを改めて振り返えってみると良いでしょう。自分の仕事を振り返り、足元を固めて、さらなる成長を遂げてください。

 
●人気NO1セミナー
成果を生み出す伝わる技術」に
参加してみたい方は、簡単に学べる
7日間限定の無料動画セミナーをご覧ください。

登録は↓こちらをクリック
無料動画セミナー申し込み
→【成果につながる7日動画メルマガ・登録する】

→【佐藤政樹への問い合わせ】

LINEで送る
Pocket

この記事が面白かった方は私の無料小冊子を読んでみて下さい!!
「人前で話す直前に見る究極のバイブル」
 
・なぜ、人は感動するのか?その表現の本質
・人前で話す人は必見の伝達力を高める5つの原則
・うまく話せなくても伝わるのはなぜか?

など人前で話すビジネスパーソンに役立つ情報満載です。
無料ですので、ぜひダウンロードしてくださいね!!

ダウンロードはこちらのHPで(スマホ対応です)
→ http://satomasaki.com/present/

無料小冊子

SNSでも発信してます

【佐藤政樹の経営者・起業家・人前で話すリーダー向けセミナー開催中】
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
感動を創造する言葉の伝え方講座


 
テーマ: プロの心構え タグ: , , , ,

関連する記事

カテゴリー「プロの心構え」の記事