コラム|佐藤政樹 劇団四季元主演 オフィシャルHP

夢と感動を届ける人材育成トレーナー 佐藤政樹
HOME > コラム > 振り分けフォルダを作り読みたいメールをストックしよう

振り分けフォルダを作り読みたいメールをストックしよう

LINEで送る
Pocket

必要なメールを受け取れていないことありませんか?

 
読みたいメールがあるけど、迷惑メールに届いてしまって読めない。
大事なメールを今は読めないけど後でまとめて読みたい。
今後必要な情報かもしれないから埋もれないようにしたい。

 

メール受信についてこんな経験ありませんか?

 

良いメールの内容の場合
垂れ流しにするのではなく

同じことを何度も振り返り学んだ方がいいです。
人間は忘れてしまうからですね。振り返り学習はとても大事です。

佐藤政樹のメルマガも良い情報をたくさん届けておりますので
「佐藤政樹」専用のフォルダを作って、「重要」に設定しておいてください!

 

ということで
今回は「振り分けフォルダを作り読みたいメールをストックしよう」

そのやり方についてまとめていきます。

なぜメール振り分け設定が重要なのか?

ではなぜメールの振り分け設定が重要なのでしょうか?

その答えは「欲しいメールをちゃんと読める状態にするため」「振り返ることができるようにするため」です。

 

2024年の2月にGoogle社が
迷惑メールの判定の基準を高めることを発表しました。
(専門的な解説は控えます)

迷惑メール、スパムメールが
大量に送られて被害に遭う人が多発しているからです。

もちろん
スパムメールは排除されるようになりましたが

これにより多くのビジネス上の大事なメールが
迷惑フォルダへと送り込まれることになりました。

私自身もクライアント候補からのオファーメールが
迷惑フォルダに送られていて

1週間メールに気づかず
失注してしまうということが実際に起きました。

 

メールはサーバーというところから送られてくる仕組みです。

様々な理由でそのサーバーの評価が落ちてしまって
メールを勝手に迷惑メールにする場合があります。

時に2024年の2月以降は
正常なメールでも迷惑メール判定となっています。

〜公式メルマガのご案内〜
無料マンガ
>詳細が気になる方はこちらをクリック<

残念ながらこういう理由の場合は
メール配信者側の大事な情報が
どうしても読み手に届きづらくなり負担をかけてしまうのも事実です。

 

読みたいメールやチェックしたいメールが
迷惑メールに振り分けられる場合は

メールフォルダで「重要」に設定して
専用フォルダを作って入れるように設定する必要があります。

専用のメールフォルダを作るメリット

専用のメールフォルダを作るメリットは

確実にメールがそのフォルダに届く ということです。

欲しいメルマガの情報やコンテンツが
迷惑メールや他のメルマガなどに埋もれないように
しっかりとフォルダ分けをしておくことはこのメール判定が厳しくなっている昨今とても重要です。

しかしこのメールの振り分けを使っていない方はかなりいるのが現状です。

 

3分くらいで設定できてしまいます。
最初にほんの少しの労力をかけるだけで
あとあと整理に時間をかけなくて済むのもとてもおすすめです。

実際に私もたくさんのメルマガ個別フォルダを持っています。

メールの振り分け方を調べて設定してみましょう

メールの振り分けるやり方は
Gmail、Outlook、などプラットフォームやソフトごとにやり方が違います。

インターネット上にはやり方をまとめてくれているサイトがたくさんあります。

検索サイトで
「Gmail メール 振り分け」
「Outlook メール 振り分け」のように
お使いのメールソフトの名前を入れて調べてみてくださいね。

 

おすすめのサイトをいくつか貼っておきますね。

Gmailをお使いの方

Appleメールをお使いの方

Outlookをお使いの方

 

私のメルマガも良い情報やコンテンツをたくさん流しておりますので
「佐藤政樹」フォルダを作って「重要」に是非とも設定しておいてくださいね。

筆者の3分講師紹介動画

「ユニークで面白い研修」で社員の成長をサポート!詳しくはお問合せください。

劇団四季出身の研修講師である筆者プロフィールはこちら

LINEで送る
Pocket

【下記画像をクリックして、無料マンガ人生逆転物語を読む】 >>詳細が気になる方はこちらをクリック<<
 
・お荷物赤字社員で営業をクビ
・人体実験のバイトで廃人
・28才まで家賃27000円のボロアパート生活

ダメダメフリーターだったコラム筆者が劇団四季の主役にまで上り詰め人気講師となったリアル人生逆転物語です。

無料マンガですので、ぜひお読みください!!

>>無料漫画を読む<<

SNSでも発信してます
 
テーマ: その他 タグ: , ,

関連する記事

カテゴリー「その他」の記事